1. HOME
  2. 実績一覧
  3. 職務経歴書作成サービス「職務経歴書エディター」

株式会社リクルートキャリア
初めて転職をする全ての人が迷わずに、簡単に職務経歴書を作成できる世界を実現する。

1.プロジェクト概要

株式会社リクルートキャリア様(以下、リクルートキャリア様)は、転職エージェントサービスであるリクルートエージェントを運営しています。今回、サービスの中で提供していた職務経歴書作成Webサービスのリニューアルを計画されました。

サービス運営の中で導入していた技術の提供期間終了を迎えたことを契機として、将来的なサービスの拡張も視野に入れたサービス全体のアップグレードをお考えでした。ニジボックスはフロントエンドの開発をはじめ、ビジネス検討支援からプロトタイプ・デザイン制作までを担当させていただきました。

「職務経歴書」とは?

転職活動において、企業の求人に応募する際に履歴書とセットで提出を求められることが多いのが「職務経歴書」です。主に、業務経験とスキルを確認するための書類となります。

応募者の業務経験や所持している技能を記載し、応募する採用担当者に伝えていくことが重要です。初めて転職される方は特に書き方に悩む傾向があります。

アウトプット

プロジェクト全体像

プロジェクト実施内容
・ビジネス検討支援・プロトタイプ作成
・要件定義支援・ワイヤーフレーム作成
・デザイン・サービスロゴ作成
・フロントエンド開発
プロジェクト期間
・ビジネス検討支援・プロトタイプ作成:2019年7月〜2019年8月(1ヶ⽉)
・要件定義支援・ワイヤーフレーム作成:2019年8月(1ヶ⽉)
・デザイン・サービスロゴ作成:2019年8月〜2019年9月(1ヶ⽉)
・フロントエンド開発:2019年10月~2019年11月(2ヶ⽉)※結合テスト期間を含む。
体制
クライアント
・株式会社リクルートキャリア様
ニジボックス
・プロジェクトマネージャー:1名
・ディレクター:1名
・アートディレクター:1名
・デザイナー:2名
・テクニカルディレクター:1名
・フロントエンドエンジニア:2名

2.プロジェクト背景

クライアントのお話を伺う中で、「職務経歴書を作ること」が、初めて転職を経験される方にとって1つのハードルになっており、挫折してしまう転職者もいらっしゃるとのことでした。そして、カスタマーの「何を書いていいかわからない」という迷いの無い世界を目指したい、という真摯なお考えを共有いただきました。

事業として、「職務経歴書の提出率を向上する」という狙いの実現はもちろんのこと、何よりも御自身がまず、身近な友達にススメられるようなサービスを作りたいという担当の方の強い思いに我々も共感し、UI、UXの設計、機能の検討から伴走させていただきました。

3.プロセス

1)ビジネス検討支援・プロトタイプ作成

ビジネス検討フェーズでは、サービスのコンセプトを「どのような職種の人でも迷わずに職務経歴書が作成できる」こととし、クライアントとの対話を重ねました。具体的には、「迷わない」というのは何を指すのか? などを深掘りしてディスカッションすることでサービスへの理解と必要機能の重要度の認識を合わせて行きました。

次に、ターゲットである転職者とキャリアアドバイザーの視点に立ち、役割関係なく本プロジェクトのメンバー全員で、実際に自分たちが職務経歴書を作成した時にどのようなプロセスだったのか?またその際に不都合に感じたことは無いか?といった観点から課題の共有を行いました。

課題の例として、
・「転職者の視点では、例文が少ないと自分の経験にあてはまるものがなく、結局他の職種やサイトまで探しにいくため、例文の数は充実していた方が良い」
・「キャリアアドバイザーの視点では、重要度の低い項目は極論書かなくても良いので一度提出してほしい」
などが挙げられました。

このように、それぞれのターゲット視点での課題や要求を、現在と将来的に達成したい事業スコープと掛け合わせながら洗い出しました。
具体化に当たってはプロトタイプをご用意、実現イメージを可視化しながら擦り合わせを行いました。初回リリース時は機能としてどこまでをスコープとするのか、将来的に実現したい施策が不可能にならないような構造で開発できるよう、クライアント側をはじめバックエンドの開発者まで、全ての関係者の皆様と議論を重ねていきました。

2)要件定義支援・ワイヤーフレーム作成

スコープ定義後は、プロトタイプをベースに、リクルートキャリア様側で作成いただいたワイヤーフレームに記載された要件に対して、画面や機能の過不足、UX観点の懸念点を洗い出しながら、漏れや矛盾が無いように仕様の整理を行いました。

3)デザイン・サービスロゴ作成

時代の流れを受け、スマートフォンしか持たない転職者でも、ストレスなく職務経歴書を作成していただくことが大きなテーマの一つでした。そのため、デザインもスマートフォンファーストで着手しました。

デザイン制作フェーズでも、引き続きプロトタイプ形式で進行いたしました。
実機でのイメージやアクセシビリティについて関係者の皆様と確認する場をもうけ、要素の優先度や必要性について一つひとつ議論しています。また、アトミックデザインを採用することで、要素単位でデザインを統一することが可能となり、スピード感を持ってご要望に応じたUIデザインを実現できました。

サービスロゴは、「1977年創業時から転職者を支援してきた、リクルートエージェント監修であることへの信頼感と安心が伝わるものにしたい」とのご要望をいただきました。
ご要望を前提とし、今回のサービスコンセプトである「簡単さ」や「軽やかさ」、「使ってみたい」と思わせるような、遊び心をほんの少し取り込んだデザインを目指し、異なるアプローチから3案ご提案しました。

最終的には、サイトにレイアウトした時の親和性や、今回のメインターゲットはもちろん、エージェントの窓口として万人に受け入れられることを重視した上で、エネルギッシュな印象のオレンジ色のロゴに決定しました。

4)フロントエンド開発

プロジェクトの特性上、以下の3つの条件が求められました。

・事業の将来性を鑑みて追加開発が可能な「機能拡張性」を持つこと
・職務経歴書という個人情報を取り扱う上、時間をかけて入力したデータを確実に保護していくため「高いレベルでの品質」を実現すること
・UX観点で、膨大な情報を「使い手がストレスなく軽やかに操作できる性能」を達成すること

フロントエンド技術としては最新のモダンな構成を採用することで、上記3つの条件を実現いたしました。

4.結果

サービスリリース後、さらなる転職者の助けになるサービスを目指して進化中

「職務経歴書エディター」は、2020年3月にサービスリリースを迎えました。

ターゲットとしていた、初めて転職するカスタマーはもちろん、スマートフォンからの利用者も想定どおりの割合で確認することが出来ました。2020年9月現在も、リクルートキャリア様を中心に、さらに転職者の方に使いやすいサービスとするため分析・検証を繰り返しています。

ニジボックスとしても、さらに転職者の方がハードルを感じずに転職活動を始められる世界観を供に目指し、サービスの拡大に貢献できるよう、引き続きサポートさせていただきます。