プロダクト開発支援

プロダクト
開発支援とは

実際のプロダクトに近い状態を体験できる高速プロトタイピングツールを使ってユーザーテストを行い、ユーザーの声を細かくキャッチアップ。使いやすいサービスになっているかどうかの検証や改善のための施策検証まで、リリース前に一貫して行うことで、ユーザーが求める機能をサービスに反映します。

プロダクト開発支援

サービスが、ユーザーにとって使いやすいものになっているのかわからない
ユーザーテストを行い、サービスにユーザーの声やニーズを反映します
リリース後の改善は別の会社に依頼しているため手間がかかる
サービス検証からリリース後の施策検証まで一貫して行うことで、効率的な運用が実現できます
サービスが失敗しても、どの段階で間違ったのか把握ができない
サービスリリース前に細かく検証を行うため、どの段階で間違っていたのか正確に把握できます

SCHEDULE

お客様の要望をお聞きした上で、基本的には下記の4 ステップで進行します。

  1. ワイヤーフレーム作成

    ワイヤーフレーム
    作成

    1month
    ・ユーザーの課題を解決するために必要な機能、たどるべきフローを設計し、サイトの構成を細部まで検討。
    ・定義したユーザーフローに沿ったサービス設計を実施。
  2. ユーザーテスト

    ユーザーテスト

    2month
    ・ユーザーテストを行い、プロダクトがユーザーにとって使いやすいものになっているかを検証。
  3. UX 改善 デザイン制作

    UX改善
    デザイン制作

    ・テストの結果を踏まえ、ユーザーの体験を改善。
    ・プロダクト全体のデザインも、テストの結果を踏まえて進行。
  4. 開発・納品

    開発・納品

    3month
    ・検証の結果を元にした、プロダクトの最終的な成果物をご提出。