• TOP
  • >
  • 株式会社ネットプロテクションズ様導入事例

ユーザーが本当に求めているものを一緒に作り上げるパートナー

株式会社ネットプロテクションズ

株式会社ネットプロテクションズ様とニジボックス社員の集合写真

PROJECT

あと値決め

株式会社ネットプロテクションズ(以下、敬称略)が提供する新しい購買・決済の仕組み「あと値決め」のUX、VI(ビジュアル・アイデンティティ)、UIのデザインを担当しました。
消費者がサービスや商品の利用・体験を行った“あとで”、消費者自らWeb上のフォームから満足度に応じて価格の“値決め”を行う、新しい購買・決済の仕組みです。
詳細はこちら

新規事業を一から一緒に考えてくれるニジボックス

中井:今回「あと値決め」というサービスを作ろうとした背景を伺えますでしょうか?

ニジボックス 中井 潤の写真
中井 潤
株式会社ニジボックス UI/UX制作室 UXグループ マネジャー
自身のマーケティング経験を生かし、入社直後にグロースハック商材の開発/受注に成功、ニジボックス社内AWARDを連続で受賞。UXデザイン領域のコンサルティング事業の拡販などから、全社MVP獲得。イベント登壇などでのフィードバックを続けることで、日本のUX業界全体のデザインリテラシー醸成に専心。
ネットプロテクションズ 専光 建志 様の写真
専光 建志 様
株式会社ネットプロテクションズ あと値決めWG リーダー
国内初のポストプライシングサービス「あと値決め」の発起人であり責任者。ネットプロテクションズに新卒入社後、決済事業のマーケティング、UXデザイン、法人営業企画や新卒研修の仕組み化など幅広く担当したのち新規事業の立ち上げを開始。

専光様:「あと値決め」は、ネットプロテクションズがこれまで積み上げてきた資産をもとに新たな価値、新たな市場を開拓していくという大事なタイミングでスタートしたプロジェクトです。
「値段を後から消費者が決める」という、まだ世の中で前例がなく浸透していないサービスのため、具体的なユーザー体験(UX)設計と、UI設計は事業の立ち上がりに最も重要だと考えていました。

事業の成功を第一に考え戦略立案からじっくり伴走

中井:ニジボックスにご相談をいただいた理由を伺えますか?

専光様:今回のプロジェクトは、サービスのUXやUIデザインの制作だけに関わるのではなく、戦略立案から並走していただけるパートナーと進めたいと考えていました。
ニジボックスさんがサービスの戦略立案段階から相談に乗ってくれると知り、まずはお会いしてサービスの概要などを伝えた上で、一緒に事業の構想を具体化していけると考えました。ただ、過去の経験上では、同じ目線で戦略から伴走しきれるようなパートナーは、実際にはほぼいないとも感じていたんですよね。ですので、よいパートナー企業が見つからない場合は、内製で進めていくことも想定していました。
そんな思いもありましたが、実際にUIやUX設計の進め方について相談していく中で、ニジボックスさんとは同じ目線でサービス設計から一緒に検討できる可能性が高いと思い、最終的にご依頼することに決めました。

中井:「うちのやり方はこれです」というやり方ではなく、ビジネスモデルによって進め方は変わってくると考えています。
そのため、プロジェクト開始の段階ではできるだけ時間をかけて一緒に議論し、当事者の観点として状況を把握するようにしています。

専光様:(他の会社は)納期と作業内容ばかりを聞かれることが多かったのですが、サービスを立ち上げ始めたばかりの段階では「そんなことまだわからないよ」というのが本音なんです。
一方で、ニジボックスさんは他社とは違いビジネスモデルから一緒に考えてくれましたよね。そのことが、最初にお話ししたときに印象的でした。

ニジボックス 山岸 有馬の写真
山岸 有馬
株式会社ニジボックス UI/UX制作室 UXグループ UXデザイナー
新卒でサイバーエージェントに入社し、メガバンクや大手エンタメ企業などをクライアントに広告企画営業を実施。その後、より顧客目線での価値提供をしたい思いから、ニジボックスにUXデザイナーとしてジョイン。広告業界で得たマクロの視点と現職で得たミクロの視点を掛け合わせた体験設計が得意。

山岸:ニジボックスは納品をゴールとした案件の成功ではなく、プロセスを含めた事業の成功を第一に考えています。
そのため、「この事業はどういう価値があるのか、それを実現するためにはどのようなビジネスモデルが必要か」という事業の根幹となる部分から議論し、プロジェクトに落とし込んでいく進め方をしています。
そうすることで最終的な成果物は、ビジネスに貢献できるデザインになると思っています。

ユーザーが本当に求めているものを一緒に作り上げるパートナー

中井:ニジボックスにはどんなことを期待していましたか?

専光様:ニジボックスさんとは、サービスのターゲットとなるユーザーが何を求めていて、使うときに何を感じているのかといったことの分析や、価値のある事業とするためのUXを一緒に設計できれば、と思っていました。

中井:逆に、UX設計をしっかりと行うことによって、時間がかかってしまうということもデメリットとしてあると思いますが、専光様はどのようにお考えでしたか?

専光様:必ずしもUX設計にゆっくり時間をかけてもよいと思っているわけではありませんが、結果的にどのようなメリットがあるのかが重要だと思っています。
今回は早くリリースすることよりも質を重視していました。
ちょっと時間がかかってもよいから、ユーザーの本当に求めているものを創り出すこと。これまでに前例のないサービスのため、「初期から顧客にとっての成果を出すこと」が何よりも重要になってきます。
ですから、初期フェーズがうまくいかないとなると、社会からも社内からも期待が高まらず、投資やユーザーを増やしていくこと自体が難しくなってしまいます。
それを回避するためにも最初に使ってくれる人をしっかり満足させ、サービスとして成立すると判断できる品質にするように意識していたんです。

期待していた以上のアウトプットと伴走の密度

中井:今回ご一緒して、思っていた以上に良かった点はありますか?

専光様:期待以上に伴走してくれた印象です。
他にも、僕たちが知らない情報を持ってきてくれたのはありがたかったですね。それによって、自分たちが学ぶことも多かったです。
例えば、海外の事例や論文の話までしてくれたことは印象的でした。

ニジボックス 齋藤 大嗣の写真
齋藤 大嗣
株式会社ニジボックス UI/UX制作室 ディレクター1グループ グループリーダー
リクルートグループ、大手企業における数々のアプリ/Webサービスにおけるディレクションを担当。ディレクション領域に留まらず、戦略からIA/WFへの落とし込み、UI知見を生かした提案型のディレクションに定評がある。制作領域だけでなく、Webマーケティング知識も豊富。

齋藤:今回のサービスは日本では近いものが無かったので、海外も調べることにしました。
UXの提案をするときには、一般論と自分たちで独自に調査した結果の両軸を含めるように意識しています。

中井:ニジボックスが参画させていただいたことによって、どのような成果がありましたか?

専光様:今回依頼させていただいたフォームの設計ですが、ユーザーの回答完了率が90%を超え、想定以上の効果が出ています。60〜70%だと事業が成り立たないと考えていたので、それを上回る結果になってよかったです。

齋藤:フォームに入力するという行為は人間誰しもが苦手な作業だと思うんです。
フォームの回答完了率を上げるために「アプリを開いた直後にいきなり入力させる」のではなく、「アプリを開いてからの一連のユーザー体験全体を最適化」したことで、結果的に回答完了率を上げることができたと考えています。

抽象度が高いオーダーでも、結果を出してくれる安心感

中井:社内での評判はいかがでしたか?

専光様:大変よかったです。特に内部デザイナーから好評でした。さまざまな制作会社と取引をしている経験豊富なデザイナーも、提案資料や申し送りの丁寧さについて高い評価をしてくれましたよ。
また、デザイナ―以外のメンバーからも良いものができていると言ってもらったことで、さらなる信頼につながりました。

ネットプロテクションズ様との会議中の様子

中井:今後、ニジボックスを活用したいのはどんなシーンやプロジェクトですか?

専光様:ニジボックスさんは、ちゃんと自分たちの考えをもって参画してくれたので、テーマが今回のものでなくてもうまくいったと思います。こちらがサービスについての考えをしっかり伝えれば、抽象度が高くても結果を出してくれる。これが打てば響くということなのだろうなと思っています。
もし今後、ネットプロテクションズに新人が入って新規事業をやることになっても、ニジボックスさんがチームに入っていれば、安心してプロジェクトを進めることができますね。