去る2016年1月23日(土)、ニジボックス初、自社開催ハッカソンイベント「築地ッカソン Vol.1」を実施しました。「築地(のみえる勝どき)で行うハッカソンイベント」ということで命名した「築地ッカソン」。記念すべき第1回のテーマは、「バカアプリを作ろう!」。ほぼ事務局の思いつきと勢いで決まったゆるいテーマでの呼びかけにもかかわらず、当日は社内外合わせて11名の皆さんにご参加いただき、大盛況にて終了しました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。以下、当日の様子をレポートいたします。

■11:00開場、「築地ッカソン」スタート
今回は、弊社内の「築地市場が一望できる会議室」を会場とし、お集まりいただきました。(参加した方から「わー築地だ、景色きれい」などの言葉をいただけました!)事前案内のタイムスケジュールでは、開場11時、13時までに集合してください、としていましたが、11時の時点でほぼ全員の方に集合していただけるという、大変ありがたいすべり出しとなりました。

築地ッカソン_2

弊社開発室マネジャーの藤原より挨拶をさせていただき、イベントスタート。基本的に、開発方法にしばりは設けませんでしたが、1日でアプリを作る一例として、弊社のアプリ開発でも活用しているmonacaの使い方の説明や、Cloud Vision APIの紹介を行いました。

その後は、モニターの用意された席に自由に座っていただき、雑談も交えながら個人ワークスタート。18:00までアプリ開発に取り組んでいただきました。

IMG_2975

■制作物発表。「バカだね」「いいね」で投票し、1位を選出
18:00からは、いよいよ制作発表&審査会。お腹もすいてきた時間帯ということで、お寿司、ピザ、アルコールなどを用意させていただき、飲みながら食べながらのリラックスした雰囲気の中、一人5分程度で制作発表を行いました。審査は、参加者全員による投票形式。ちなみに投票ツールは、弊社マネジャー藤原がこの日に即席で作った「投票アプリ」が使用されました。これも、築地ッカソンならでは!ということで、会場から一笑いおきました。

IMG_2989_2

審査は、「バカだね」「いいね」の2つの軸で評価し投票。「バカアプリ」のテーマに則り、「バカだね」を一番集めた、参加者のキスケさんが優勝しました。

キスケさんの作品は、Windowsアプリケーションで作成された「海鮮丼製造ゲーム」。ぐるぐる回るお寿司の具をタイミングよくクリックするときれいな海鮮丼が作られるという内容でした。キスケさんには、優勝商品として、事務局の独断と偏見セレクトの「築地市場うまいもの詰め合わせ」が贈られました。

IMG_2996

審査会終了後は、そのまま懇親会の流れとなり、20時ころまで盛り上がりました。

IMG_2990

■今後も定期的に実施します!参加者募集!
参加者のみなさんから「また参加したい」との声を(複数!)いただきましたので、今後も定期的に「築地ッカソン」の開催をしていきたいと思います。次回開催につきましては未定ですが、決まり次第、別途ご案内を差し上げます。ご案内を希望される方は、下記までお問い合わせください。

イベント事務局:nb_event@nijibox.co.jp

■追加情報■
築地ッカソン第2回の開催が決定しました!
開催日:2016年3月26日(土)
下記URLから参加受付中です。
http://peatix.com/event/153432